北海道旅行・日々の日常のことも記録する日記 from tokyo since. 2005.05.01


by noriichi33
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

☆今日のこの想い⑫☆

 512日目の投稿です。

 今日も、伯父夫妻と、父の入院する病院へお見舞いに行きました。
 最近は、新インフルエンザで、マスクをしてのお見舞いです。

 今日は、元気で、食べ物の話ができ、笑いを誘いました。
 若干の話をするので、心電図の波形は不安定になります。
 今後のさらなる回復を念じつつ、今日のこの想いを綴ります。
 
[PR]
# by noriichi33 | 2009-06-07 21:55

☆今日のこの想い⑪☆

 511日目の投稿です。

 今日の夕方、いつもと変わりなく皆で、父の入院する病院へお見舞いに行きました。
 今日は、いつもより聞き取れる言葉で話をしました。

 また来るから、といつものとおり、手を振り、帰ってきました。
 より一層の回復を願いつつ、今日のこの想いを、この日記にしたためます。
[PR]
# by noriichi33 | 2009-05-31 19:08

☆今日のこの想い⑩☆

 510日目の投稿です。

 今日も、雨の中、父の入院する病院へ、伯父夫妻とお見舞いに行きました。
 今日の天気や明日の天気を聞くなど、片言の言葉で話ができました。

 右手をあげていることで、本人が意識しているようにも思え、今日のこの想いとして記します。
[PR]
# by noriichi33 | 2009-05-28 22:18

☆今日のこの想い⑨☆

 509日目の投稿です。

 土曜日の昨日、伯父夫妻と病院へ、お見舞いに行きました。
 今日は、眠いようでしたが、話しをすることはできました。

 少しずつ良くなってほしいと願いつつ、今日のこの想いとして綴ります。
[PR]
# by noriichi33 | 2009-05-24 22:15

☆今日のこの想い⑧☆

 508日目の投稿です。

 昨日の夕方も、伯父夫妻と、父の入院する病院へお見舞いに行きました。
 多少、前日よりも、言葉を話しましたが、はっきりと、聞こえない場面もありました。

 帰り際に、看護師さんから、「よくなりましたね。」と言われ、安心した想いを今日の想いとして綴ります。
[PR]
# by noriichi33 | 2009-05-21 21:52

☆今日のこの想い⑦☆

 507日目の投稿です。

 昨日、父が目を覚ましたと聞き、今日、夕方、伯父夫妻と病院へ、お見舞いに行きました。
 現実に、目を覚ましていて、言葉を話し、少し会話をすることができました。

 意識が回復したことには、驚きましたが、今後も油断はできず安心はできないと感じつつ、今日のこの想いとして綴ります。
 
[PR]
# by noriichi33 | 2009-05-19 21:43

☆今日のこの想い⑥☆

 506日目の投稿です。

 今日も、夕方、伯父さん夫妻と、父の入院する病院へお見舞いに行きました。
 脈や心電図が不規則ななか、父が一瞬目を開けました。
 この瞬間、伯父さんが声をかけ、一言話をすることができました。

 一言は、言葉として聞こえるものではありませんでしたが、このタイミングで話ができたことは、日ごろの想いを伝えているからかも知れません。
[PR]
# by noriichi33 | 2009-05-16 23:10

☆今日のこの想い⑤☆

 505日目の投稿です。

 昨日の夕方、病院へ行ったところ、その際、父の右目が一瞬、少し開いたようでしたが、そのまま眠ったような状況でした。

 機器に表示された数字では、脈拍もあがり、人の気配を感じているようにも思えました。
 今日も、回復の願いの想いを伝えるべく、日記に記します。

 
 
[PR]
# by noriichi33 | 2009-05-10 21:51

☆今日のこの想い③④☆

 504日目の投稿です。

 昨日、今日と、父の入院する病院にお見舞いに行きました。
 けいれんは、落ち着いているようでしたが、眠っているように感じました。
 部屋には、心電図の表示があるのですが、昨日に比べ少し安定しているように見えました。

 気がつき目を覚ますことを願い、今日も、この想いを綴ります。
[PR]
# by noriichi33 | 2009-05-06 21:19

☆今日のこの想い②☆

 503日目の投稿です。

 今日、父の兄夫妻と再び、父のお見舞いに病院に行きましたが、昨日の日記で記したように、回復していませんでした。
 呼吸器や点滴をしたなかで、けいれんを起こしたままで、皆で励ましの呼びかけをしても意識はありませんでした。
 しかし、呼びかけた際、目を閉じたまま唸るような声を発したように聞こえたのが、せめてもの救いでした。

 今日も、この想いが届くように、日記に記します。
[PR]
# by noriichi33 | 2009-05-04 22:34