北海道旅行・日々の日常のことも記録する日記 from tokyo since. 2005.05.01


by noriichi33
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 181日目の投稿です。

 ソフトクリームを持って食べながら、急いで知床五湖の展望台へ行きました。
 小高い所にある木造の展望台は、360度の眺望ができますが、10数人ほどのスペースしかありません。見渡すと知床連山の素晴らしい光景がひろがっていました。
d0039141_23373564.jpg
 
d0039141_23283634.jpg
 展望台は、駐車場からは木道で結ばれたところにあり、この写真は、下る際の木道から駐車場の方を望んだものです。午後4時30分
 帰りの最終便のバスの駐車場発は午後4時40分なので、急いで駆けおりてきました。
 この時も、まだソフトクリームを持っていましたが、溶けてしまい、上着についてしまいました(笑)
[PR]
by noriichi33 | 2005-10-31 23:01
 180日目の投稿です。

 およそ50分ほど散策した後、午後4時20分 北海道の知床五湖の入り口まで戻り、レストハウスに入りました。このなかは、知床の観光案内の展示やお土産屋さんになっていました。

d0039141_082673.jpg 記念のものは、何も買わなかったのですが、ここで、ソフトクリームを1?個食べました(^^;)このソフトクリームは、ピンク色で、「こけももはまなすがはいっているようですが、もちろん、その味はわかりませんでした。
 おいしかったことは、確かですが(笑)
 
 ソフトクリームを買ったときに、座って作って、売っている若い女性に、
「1日に何個ぐらい出るのですか」と尋ねたところ、ちょっと考えこんでいましたが、何と、「1万」という数字が返ってきました。
 作っている方も大変ですが、1個の値段は、実は300円ですので、1日当たり、3,000,000円の売り上げがあるということになります。この時も、たくさんの人が食べていましたが、知床を訪れる人の何割の人が買って食べているのかなぁと思いました。
 もし、4人に1人の割合で買っていたとしたら、1日で4万人も訪れていることになりますよね。
 
 
 
[PR]
by noriichi33 | 2005-10-30 23:19
 179日目の投稿です。

 北海道の知床1湖を左に見て、さらに歩いてゆくと、右手に2湖が見えてきます。
d0039141_2322019.jpg

 2湖から先には、3湖・4湖・5湖へと遊歩道が続くのですが、時間の関係で、バス停がある駐車場まで帰りました。矢印が歩いた経路です(笑)
 この駐車場付近に入口の5湖から戻ってくる遊歩道を、ちょっと歩いてみました。

                       
                  ○○○
                 ○  ● ○
                 ○  3湖 ○
              →○         ○
         1湖  ○ ○● 2湖     ○         
         ●  ○   ○          ○
           ↑○   ○↓         ○
             ○ ○            ○
              ○             ○ ● 4湖
             ↑○↓          ○ 
              ○           ○  
             ○→         ○ 
  展望台д    ↑○○◎○○○○○
 レストハウス☆  ○←        ● 5湖
 駐車場P 入口○

d0039141_0114927.jpg
  
 上の写真は、5湖から戻って来る◎印の付近で、撮った写真です。左側の木にロープが巻きつけてあるのですが、ヒグマが出て危険な時などに、閉鎖する為のもの?ではないかと思います。
 その時は、1湖と2湖しか見られないようです。   
[PR]
by noriichi33 | 2005-10-29 22:44
 178日の投稿です。

d0039141_0263656.jpg 当日、アメンボが泳いでいた北海道の知床1湖は、このような景色です。午後3時30分をまわっていたので、雲がひろがりつつありました。
d0039141_029629.jpg1湖を他の場所から撮影したものですが、明るい時間で、晴れていれば、もっときれいに見えたと思います。
[PR]
by noriichi33 | 2005-10-28 23:51
 177日目の投稿です。

 知床五湖の遊歩道は、五湖を左周りに巡りながら散策できますが、時間がありませんでしたので、2湖しか見ることできませんでした。
 遊歩道の入り口から、7分ほど歩くと、1湖に着きます。
d0039141_22483378.jpg 
←澄んでいる湖をのぞき込んだところ、アメンボが泳いでいて、なぜか心が和みました。
 この写真をあらためて見ると、湖面には、北海道の白い雲が映っていました。
 
[PR]
by noriichi33 | 2005-10-27 22:11
 176日目の投稿です。

 北海道の知床五湖は、原生林に囲まれた五つの湖があり、この湖を巡る遊歩道で結ばれ、散策をすることができます。
 駐車場から、知床五湖への入口を入り、左手に歩いて行くと、そこには、こんなものがありました。
d0039141_2056395.jpg

 この機器をみると白い紙が貼ってあり、「利用者数計測中」と書かれていました。
 「利用者?」、機器を利用しているわけでもないし、一体、何(遊歩道?)を利用しているのかな・・・と考えてしまいました(笑)
 この日も、たくさんの人が訪れていましたが。
[PR]
by noriichi33 | 2005-10-26 23:05
 175日目の投稿です。

 JR北海道の知床斜里駅から乗車した路線バスは、乗客十数人を乗せ、知床五湖方面に向かいます。
 座った座席は、バスの中ほど、進行方向左側でした。
 このバスは、運転手の方の操作により、テープの音声で、有名な景観の一部について、案内がありました。
 写真は、撮りませんでしたが、その光景は、目に焼き付けることができました。
 国道を走る途中、右手には「オシンコシンの滝」、さらに左手の海沿いには、「亀岩」の奇岩などを見ることができました。

 午後3時21分 知床自然センターを通過し、山あいをバスは走るなか、子狐や鹿も見ることができました。この知床自然センターにも、行きたかったのですが、残念ながら行けませんでした。

 午後3時30分 知床五湖のバス停に到着しました。駐車場のあるこの場所は、観光バスや乗用車でほぼ満車でした。
 駐車場横には、レストハウスがあり、ここで、「知床五湖ガイドマップ」を購入しました。この売り上げは、保護活動の基金になるようです。実際、マップを見て歩くことはありませんでした(笑)
 散策路に入り、最初に撮影した写真で、その時間は午後3時41分でした。
d0039141_0103649.jpg

[PR]
by noriichi33 | 2005-10-25 22:43
 174日目の投稿です。

 午後2時15分 北海道の「知床斜里駅」に到着後、行動できる時間と観光できる場所は、この旅行に来る前からの悩みでした。
 考えていた候補は、次のものでした。

    14:20 駅バスターミナル発
             ↓                          
    15:35  知床五湖着 <散策(約60分)>  
             ↓
     16:40  知床五湖発 (最終便)
             ↓
    17:10  ウトロ温泉ターミナル着        
             ↓(徒歩)
    17:30  ホテル着
 
 もう一つの案が、あったのですが、そちらを採らなくてよかったです。このお話は今後で(^^;)
 結果的に購入したバスの切符は、こちらです(笑)
 右側が往きの知床五湖までの切符で、左側が帰りのホテルのあるウトロまでの切符です。 
d0039141_22582661.jpg
 
 
[PR]
by noriichi33 | 2005-10-24 21:33
 173日目の投稿です。

 JR北海道の釧網本線を走る一両編成の電車は、途中左手に海を見ながら進みます。
 網走駅から乗車した電車が、到着した終点の駅は、「知床斜里駅」で、 発車してから47分かかりました。この駅は、世界自然遺産となった「知床」への玄関口となっています。
 今回の旅行の、大きな目的の一つが、この「知床」への旅でした(笑)

d0039141_21553937.jpg 駅舎を携帯で撮影しましたが、綺麗に撮れていないので、写真を小さくしました。これでは、駅舎の形体?が、わかりませんね(^^;)
 さて、駅の改札を急いで出て、駅左手(写真では右手付近)のバスターミナルに向かいました。
 急いだ訳は、電車の到着時間とバスの発車時間の時間差が、5分しかなかったことです。
 旅行に来る前から気になっていたことで、電車に乗っていても、バスターミナルがどうなっているのかも調べていなかったので、とても不安でした。
 バスが停車していましたが、バスの運転手の方が、先に切符を買ったほうがよいとの話があり斜里バスの営業所で切符を購入しました。
 バスの発車時刻は、午後2時20分でしたので、日没までの3時間程度しか、観光できません。明日の観光も、数時間しか時間がありません。そこで、今日は、どこへ行こうか、どこまでバスの切符を買おうか、大変悩んだところです。
  
 


 
[PR]
by noriichi33 | 2005-10-23 21:20
 172日目の投稿です。

 北海道のJR網走駅の改札が開き、留辺蘂駅から通しで買っておいた切符を見せ、階段を上り、反対側の2番線ホームで電車を待ちました。
 この時、悩んだのが、どの位置に並ぶかです。釧網(せんもう)本線を走る電車は1両編成ですが、どちらへ進行するのか、またどこのドアから乗れるのかわからなかったことです。
 特にホームには表示もなく、待っている人の後ろに並んだわけですが、皆さんわからないようでした。

 電車がホームに到着しましたが、後ろのドア付近で待っていた私は、ドアのところに「ワンマン 前乗り」表示がされていたので、待っていた他の人と、あわてて前で待っていた方の後ろに並びました。しかし、何と、後ろのドアも開いたので、あわてて、また後ろに戻って乗って、進行方向右手に座ることができましたが、結局、この始発駅では混みませんでした(笑) 
 写真は、荷物を席に置き、前方から見た車両を、発車時間前に撮影したものです。
d0039141_23233029.jpg
 
 先ほど買った(昨日の日記を参照願います。)お弁当を、電車の発車前に車内でいただきました。
 電車は、定刻の午後1時28分に、網走駅を出発し、ある終点の駅へと走り出しました。
 
 
 
[PR]
by noriichi33 | 2005-10-22 22:38